室岡照吾と部活道。

かれこれ10年前ほどになるだろうか。私はそれなりに上手に登れると思っていた。無我夢中で難しい課題へのトライを毎日毎日続けていた。ある日難しい課題の前で、持てない、弱い、と嘆く私に「弱いんじゃない、下手だから持てないんだ」。「ちゃんと、良い登りをしろよ」。と言ったのが室岡照吾氏であり、その日から私の長い試行錯誤の日々が始まることになった。

思い返すと、「腕は伸ばすんじゃない、曲げるんだ。曲げることで体がより安定する。足がより動く、自由度が増える。力が出る。」そう言いながら、具体的な例をあげて説明する室岡氏の姿が、今でも鮮明に思い出される。

多くの疑問を追求する日々が始まった。良い登りとは何か。上手いとは何か。強いとは何か。力をロスしない、効率的で高出力な登りとは。試行錯誤の最初の1年間は、むしろ下手になった。しかし今までの体に染み付いた登り方を変える試みは、ストレスよりも変化を感じる楽しさしか覚えていないのは不思議だ。

私にとってのトリガーポイントは足の出力の方向だった。あれは、全てが繋がり、疑問が解消された瞬間だった。良い登りとは何か。強いとは何か。自分の動きが劇的に変わり、成果が出始める。そして、疑問の解消は、新たな疑問を呼び、私は今までこの終わりのない疑問の渦に身を浸し続けている。

“室岡照吾と部活道。” の続きを読む

5-3: アーティストって何ですか

全収録時間は3時間。休憩にスケボー時間を入れて全5時間くらいでしょうか。長い1日でした。
そんなおじ様達のトークも今回で最後です。ほんとは前回で最後だったんですが。延長戦へ突入です。

“5-3: アーティストって何ですか” の続きを読む

5-1: おじさん達のシンガポール

粉末ラジオ第5回は、「ROLLFILM x eyecandy x 東京粉末」、輪をかけたグダグダトークでお送りいたします。


(シンガポール初日の屋台にて)

“5-1: おじさん達のシンガポール” の続きを読む

4-2: おたより用アドレス

第4弾、後半です。今回はあまり間を開けずにアップします。たいして楽しみにしてもらっているわけでもないと思うので。
ご想像の通り、大して内容の無い話ばかり、ゆるーくしゃべっております。

“4-2: おたより用アドレス” の続きを読む

4-1:おたよりを読む

おたよりが来ました。ハガキやメールで。ボトルの再販はしないの?新しいチョークは出るの?シューズにチョークを塗るとフリクションが上がる?バイトは募集してるのか?など、どうやら視聴者の方々にもいろんな疑問があるようで、、、。

そんな粉末ラジオ、第4弾は、「おたよりを読む。」でお送りいたします。

素敵なゲストも居ないし、お調子者のまんさくと、ボケ気味の博士の二人っきりで長時間のトークをお送りするのには若干の抵抗もありますが、相変わらず、聞き流していただければ幸いです。