THE BOTTLE REVIVE

ボトル、リバイバル。
待望のボトル製品に黒が加わり復活しました。

どこに行っても聞かれるのです。「東京粉末のロゴの形って何?」
やっとこの質問からも解放されると思うと、春先の雪が降っていても心は暖かいのです。

大変長らくお待たせいたしました。ボトル製品の復活です。
東京粉末は約8年前、このボトルから始まりました。

当初はほとんど趣味の延長だったためにドンブリもいいところの価格設定のおかげで、生産量が増えるに従ってボトル製品を製造することで経営を悪化させてしまいました。そして当時の石油価格の上昇に伴う材料の値上げ大打撃で、止む無く発売中止。
これに関しては値上げすることで対応はできなくもなかったのですが、もう一つ問題がありました。BLACKのボトル化です。

黒ボトルが市場にほとんどなく、あっても素材が悪いか、形状が美しくないか、という問題に悩まされ続けました。苦肉の策で白いボトルに黒いラベルを貼っても、どうもしっくりきません。

数社の樹脂工場と交渉を続け、大量に仕入れることによって、この度、やっと、やっと、日本の工場より理想的なボトルを手に入れることができました。おかげさまで広くなった工場もすでに大型のダンボールに埋め尽くされています。

これでなんとか、頭の上に常にあった重りが外れたような気分です。引き続き、ボトルのREUSEプログラムは継続して参ります。

PRODUCT
Reuse the bottle (ボトル再利用プログラム)